Chat is currently under maintenance and will be back once Layer 2 solutions are in place

Unstoppableチャット

分散型テクノロジーを使ってチャットをしましょう。.cryptoドメインでサインインするだけで始められます。
チャットにサインイン
ポータブルです
同じユーザー名をチャットアプリケーション間で使用でき、ユーザーは特定のチャットネットワークに固定されません。
チャットを開発者にとってのプラグインにします
プロトコルとしてのチャットにより、開発者はスマートフォンの重要な連絡先のように、チャットアプリをプラグインとして機能させ、既存のネットワークにユーザーをオンボーディングしたり、チャットを構築する開発リソースの負荷を減らしたりすることができます。
ユーザーにとってより良いUX
ユーザー名が持ち運び可能になったため、ユーザーは好きなアプリからチャットできるようになります。つまり、ユーザーにとってのUXオプションが増え、UXが向上するということです。
プライバシー
一元化されたチャットサービスでは、メッセージへのアクセスやデータのマイニングが可能です。分散型チャットは、誰もがプライベートメッセージをプライベートに保つ手助けをします。

チャットと決済をアプリのプラグインにします

We are proud to unveil the first dChat app: Unstoppable Chat. Here, you can sign with your crypto address to access P2P chat, group chats, and read-only broadcasting channels.

サービスのしくみ

メッセージングはインターネットのコア機能です。それは、インターネットのキラーアプリとして表現されてきました。メッセージングにより、誰もが世界中の誰とでも即座に無料でコミュニケーションできるようになりました。何十億もの人々が毎日チャットをしています。決済は暗号通貨のコア機能です。それは、暗号通貨のキラーアプリとして表現されています。この機能により、誰でも世界中の個人や企業に非常に低コストで即座に支払いを行うことができます。何十億もの人々が毎日暗号通貨で製品やサービスにお金を支払っています。これらの類似点がおわかりですか?これらの2つのコンセプトを一緒に利用できるようにしたらどうでしょうか?

MEW (MyEtherWallet) やimTokenなどの他の暗号通貨企業は、dChatプロトコルを使用して独自のアプリを立ち上げようとしています。今後数か月以内に、さらに多くのアプリが独自の機能の運用を開始することが予想されます。暗号通貨は、インターネットを自由に支払いが行える空間にしました。今こそ、開発者とユーザーである私たちが、ビッグテックにコントロールされることなく、大切な人に自由にメッセージを送ることができるようにするときです。

dChatでは、いかなる企業もユーザーのアカウントを閉鎖することはできません。すべてのデータはP2Pストレージネットワークに保存され、ユーザー自身のみがチャットにアクセスして削除できます。企業がユーザーを利用禁止にしたり、ハッキングされたり、閉鎖したりしても、ユーザーは影響を受けません。プロトコルをサポートする他のアプリで簡単にチャットすることができます。すべてのチャットはデフォルトで暗号化されており、秘密鍵の所有者のみがロックを解除できます。
つまり、プライバシーの侵害には、秘密鍵が保存されているデバイス(通常はスマートフォンまたはコンピューター)を誰かが物理的に制御する必要があるということです。それはもともと中央データベースがないため、もう一方の一元化されたシステムでのエンドツーエンドの暗号化よりも優れています。また、やり取りをする企業の決済アドレスが、ドメイン名と同じであることが確認できるため、テキストフィッシングも大幅に削減されます。

このプロトコルは、暗号資産アドレスを使用して任意のウォレットまたはサービスに実装できるため、暗号資産アドレスを使用するすべてのアプリケーションで同じチャットを維持することができます。これは、個別のダイレクトメッセージ機能を備え、ユーザーにとっての融通性がない、今日の無数のアプリケーションとは反対の機能です。これで、暗号資産アドレスが使える場所であれば、統合された受信トレイを持つことができ、暗号資産アドレスを通過するすべてのメッセージに透明性をもたらします。

免責:これは「早期リリースベータ版」であり、暗号の堅牢度についての監査は行われていません。私たちはセキュリティー調査・研究機関ではなく、現時点でセキュリティー上の安全性は保証されていませんが、セキュリティーレビューに対してオープンなスタンスを取っており、他者による改善に加え、独自の派生プロトコルの実装を期待しています。
ソーシャルメディアで繋がる

ヘルプセンター